ポイントサイトを利用してANAマイルを年20万マイル以上獲得する方法

PP_tobitatuhikouki_TP_V4.jpg
私たち夫婦は旅行が趣味でして、 2016年もハワイ2回、北海道、フジロック(新潟)とあちこち行ってきましたが 航空券は全てANAマイルで発券しているので旅費を大分抑えることができています。
来年のGWはマイルで発券したビジネスクラスの特典航空券でモルディブに行く予定です(発券済み)。

今回の記事ではそんな私が実行しているポイントサイトを利用したANAマイルの獲得方法について解説していきます。
普通、ANAマイルを貯めるというとクレジットカード決済のポイントや、飛行機に乗って貯めることを想像する方が多いと思いますが、そんなことをやっていてはいつまでたってもマイルなんて貯まりません。
数年かけても良くて数万マイル。
そもそも貯まる前に期限が来て失効するのがオチです。

しかし、ポイントサイトを利用することで、毎月1.8万マイル、年間21.6万マイル貯めることが可能になります。
20万マイルあれば夫婦でヨーロッパやアメリカにビジネスクラスで往復できますよ。
嘘みたいな話なのでリスクがあるのではとお考えかもしれませんが、Googleで「ポイントサイト ANAマイル」と検索すると沢山すでに実行している人のブログが出てきます。
あなたが知らないだけで、知っている人は既に実行してマイルを稼ぎまくっているのです。

ポイントサイトは色々種類がありますが、 私はポイント還元率が高く利用しやすいハピタスというポイントサイトを利用しています。
ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換するわけです。
ポイントの貯め方やポイント交換の手順などは以下で解説していますので、ゆっくりでもいいので理解しながら読んでいってください。

Step 1:ハピタスポイントを稼ぐ
まず、ANAマイルに交換するハピタスポイントを稼ぎましょう。
ハピタスへの登録の仕方や、 ポイントの稼ぎ方は別記事で詳しく解説していますので、そちらをご参照ください。
月に数万ポイント(=数万マイル分)なら楽勝で貯まります。

Step 2:ハピタスポイント→ANAマイルの交換ルートを整備する
ハピタスでのポイント稼ぎと並行して、 ANAマイルへの交換ルートを整えましょう。
ハピタスで様々な広告案件をこなして獲得したハピタスポイントは、
ハピタスポイント:ANAマイル=10:9
のレートで交換できますが、直接交換できるわけではなく、
ハピタス→PEX→メトロポイント→ANAマイル

ハピタス→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイル
というルートを経て交換していきます。
図にするとこんな感じです。矢印の横の数字は交換レートになります。

交換ルート.jpg
用意するもの
・ハピタスのアカウント
無料で登録可能です。
登録手続きが完了したらすぐ利用可能になります。
ポイント稼ぎを始めているならもう登録済みですね。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・PEX(ドットマネー)のアカウント
http://pex.jp/
PEXは上のURL先で無料登録可能です。
こちらも登録手続きが完了したらすぐ利用可能になります。

ドットマネーを経由してもメトロポイントに交換することができます(下のURLから登録できます)。
https://d-money.jp/
PEXとドットマネーの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。
PEX:交換手数料が500ポイント必要。ログインでポイント有効期限が延長されるため実質期限なし。
ドットマネー:交換手数料が無料。ポイント有効期限が6ヵ月後の月末と短い。
即、メトロポイントに交換すれば有効期限の短さは問題にならないので、 基本的にはドットマネーを使っていけばいいと思います。

・ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO JCB 本会員:年会費2000円)
PEXポイントからメトロポイントに交換する交換レートを10:9に引き上げるために必要です。
このカードがないとPEXポイントからメトロポイントの交換レートが10:6になってしまいます。
クレジットカードなので審査があり、カードが手元に届くまで数週間かかります。
ポイント移行ルート確保のために作成するので、発行したら特に利用する必要はありません(決済時の還元率低いし)。
下のURLで公式ページに飛べるのでそこから申し込んでください。
http://www.sorachika.jp/


交換ルートが整ってハピタスポイントが貯まったら、 ハピタスポイントからANAマイルに交換しましょう。

Step 3:ハピタスポイント→ANAマイル交換を実行する
・ハピタスポイントからPEXもしくはドットマネーへ
ポイント移行申請から3営業日でPEXポイントに交換されます。
移行申請ポイントの上限は月30000ポイントまでです。

・PEXポイント(ドットマネー)からメトロポイント
ポイント移行は15日締めの翌月10日ごろ交換完了になります。
早くても1ヵ月、16日に申し込むと2か月近くポイント移行に時間がかかります。
移行期間に関してはPEXとドットマネー共通です。
PEXは手数料で500ポイント取られるので、1回に申し込むポイント量はなるべく多くした方がお得です。
ドットマネーは手数料無料ですが、ポイント有効期限が短いのでこまめにポイント交換しましょう。

・メトロポイントからANAマイルへ
メトロポイントの会員番号はソラチカカードのANA会員番号と共通で、 ログインパスワードはカード発行時に登録した誕生日4桁です(9/8なら0908)。
移行申請ポイントの上限は月20000ポイント(=18000マイル)までになります。

このルートを利用することで、毎月最大18000マイル獲得することが可能です。
さらに、これを夫婦で実施すると毎月最大36000マイル獲得することも可能です。
うちはそうしています。

以上、ハピタスを利用したANAマイル獲得法でした。
私は夫婦でハピタスポイントをANAマイルに交換しているので、 毎月36000マイルまで獲得することができます。
この方法を実践してから航空券にお金を払わなくてよくなったので、 その分ホテルや旅行中の食事にお金を回すことができるようになりました。
クレジットカードを作ったりポイントサイトに登録したりと最初の手続きは面倒ですが、 稼いだマイルは旅行を確実に充実したものにしてくれるので、 まだやっていない人は是非やってみてください。

ANAマイルを獲得したら次はマイルの利用法ですね。
下の関連記事で簡単に説明しているのでよろしければ参考にして下さい。
JALマイルを貯めたい場合はこちらをどうぞ↓

【関連記事(メインブログの記事です)】

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック